躁鬱病の疑いがあるときは専門機関で治療を受けましょう

ピックアップ

体を動かす男性

薬物療法による治療

躁鬱病の治療法は基本的に薬物療法をしていきます。普通のうつ病に比べてストレスが原因となっていないので、薬とともに精神療法をしていく必要があります。これらの治療で少しずつ症状改善ができます。

詳細を読む

悩み

サインを見極める

躁鬱病になっているかどうかの判断は難しいですが、セルフチェックをすることによって病気の可能性を考えることができます。少しでも当てはまる人は治療を行うことで早期回復が望めます。

詳細を読む

海岸

特徴がある

躁鬱病には特徴があるので、それを知っておくことで早く治療を行うことができます。感情の差が激しいですが、人によっては自然に治ることもあります。軽い症状もあるので初期症状を見逃す場合もあるので注意が必要です。

詳細を読む

カウンセリング

周りを傷つける

病気は、軽いものや重い症状があります。躁鬱病でも、軽い症状や重い症状があり、症状によっては周りの人を傷つけてしまったという人もいます。早めに気づいて治療を行なえば重い症状になることなく完治を目指せます。

詳細を読む

自分自身を理解する

驚く

躁鬱病の特徴と原因とは

人間は日々の生活でストレスを貯めこんでいる人も多く、そのことから躁鬱病の症状に悩まされやすいです。特に躁鬱病になりやすい人は真面目で明るい性格の人が多いため、これに当てはまる人は注意する必要があります。また思い込みが激しい人や執着心が強い人などもなりやすいとされています。通常のうつ病では常にマイナス思考に考えてしまいますが、躁鬱病では2つの気持ちが流動的に起こります。その日の気分というには誰にでもあることで、少し嬉しいことがあっただけでも一日が楽しい気持ちになることもあります。そういう気分の入れ替わりが自然な感じだと良いですが、気持ちの切り替わりが激しい人は他人からも心配されてしまいます。躁状態とうつ状態を繰り返してしまう人は躁鬱病の可能性が高いので、専門機関へ行って治療を受けなければ改善することはできません。自分自身で自覚することが少ない症状のため、家族や友人、会社仲間から指摘されて初めて気づく人もいます。特に会社などの場でこの症状が発生してしまうと、最悪の場合社会的信用を失いかねないのです。

正しい治療と周囲の協力が必要です

日本全国には多くのうつ病患者がいますが、その中でも躁鬱病になっている人は100人の1人の割合とされています。こうしてみると躁鬱病の症状で悩んでいる人は少ないですが、かかっている人が少ないことから完璧な治療法は現在でも確立されていません。その人の症状によって治療法が異なるので、治療前には専門医と詳しくカウンセリングを行う必要があります。

躁鬱病は、躁と鬱のふたつの状態を行ききする気分障害です。 その症状の特徴から、最近では双極性障害とも呼ばれます。 躁鬱病の原因はまだはっきりと解明されていませんが、先天的な性質や環境からの影響が大きいと考えられています。 その症状は、躁状態の時には、落ち着きがなく、非常に行動的になります。 そわそわしたり、気が大きくなって過度に買物をしたり、他人に対して攻撃的になったりすることも多いようです。 しかし、鬱状態に転じると、急に体が重くなったり、悲観的になったり、何をしても楽しくなく、自信が持てない状態になるのです。 躁から鬱に転じるタイミング、あるいは混合状態の時が一番自殺などのリスクも高いと言われています。

躁鬱病は、本人に行動に一貫性がなく周囲を振り回してしまいがちな事もあり、その家庭生活や職業に良くないな影響を与えてしまいがちです。 そのため、離婚率や自殺率も高く、深刻な事態におちいる前に、早めに治療が必要なのです。 躁鬱病は、単極性の鬱病より治療が難しく長期化する傾向がありますが、薬物治療や精神療法、周囲の協力などによって、治療は可能です。 薬物治療は気分安定剤や抗精神薬、抗うつ薬、睡眠薬などを使用します。 躁鬱病は再発の可能性が高いため、症状が良くなったように思えても、しばらくは医師の指示どうり薬を続けるようにしましょう。 精神療法は、心理教育や認知行動療法などの治療法があります。 そして、なんといっても周囲の理解と協力が、症状改善へ大きな手助けとなることでしょう。

↑ PAGE TOP